改良されたアスファルト防水工事の利点~注目される理由~

【選ばれるアスファルト防水】

防水工事の基礎知識~防水工事の種類を把握する~

天井からの雨漏りは、多くの場合屋根の劣化が原因で起こります。雨漏り問題を改善するために必要なのは、屋根の修理と「防水工事」です。屋根に防水塗料やシートを敷くことで、雨漏り問題の予防をすることができるのです。

アスファルト防水
アスファルト防水は、アスファルトと合成不織布を合わせた「ルーフィング」というシートを屋根に貼り、屋根を雨から守る防水工事です。他の防水工事の方法より耐久性が高く、防水層が厚くなるため水を浸透させない「水密性」にも優れています。歴史が古く工法自体の信頼性も高いため、多くの人がこの工法を選択しています。デメリットとして施工中の臭いが問題視されていましたが、最近では工法の改良によって臭いも少なくなりました。
ウレタン防水
ウレタン防水は、液状のウレタンを屋根や屋上に塗布することで行なう防水工事です。屋根に直接塗れるため作業が短時間で終わり、施工法も簡単なので安い価格で依頼ができます。場所を選ばずに施工ができるので、屋上だけでなく、ベランダなどの狭い場所にも施工をすることも可能です。
ゴムシート防水
ゴムシート防水は、防水性のあるゴム製のシートを特殊な接着剤や粘着シートを使って貼り付ける工法です。耐用年数が長く、低コストで短期に施工ができる点が人気です。ゴムによる伸縮性があるので、下地の屋根や屋上にヒビがある場合にもしっかりとカバーすることができます。また、ゴムシートは非常に軽量なので、屋根に重量を掛けられない木造建築に最適です。
塩ビシート防水
塩ビシート防水は、熱・紫外線・風雨に強い塩化ビニール樹脂を使用する防水工事です。低コストで短期に施工を行なってもらえるほか、高い伸縮性と耐摩耗性があるため、保護層を塗らずともその上を歩くことができます。また、色や模様のバリエーションが豊富であるため、屋上に登れる家やマンションなどによく用いられます。施工のしやすさから、屋根や屋上の改修工事などによく選ばれる施工法です。
FRP防水
FRP防水とは、ガラス繊維強化プラスチックを使った防水材です。乾くとプラスチック同様に硬化するため、車両の走行もできるほど強固です。最大の魅力は施工が早いことであり、塗ってすぐに硬化するため1~2日で施工を完了することができるのです。着色や形状なども自由に行なえるほか、下地への密着性も高いため防水性・下地の劣化などにも強いことも特徴となります。

課題を克服した『改質アスファルトシート防水』とは

アスファルト防水は、ウレタン防水に次ぐポピュラーな防水工事ですが、性能に関してはデメリット部分も少なくありません。そこで、最近ではそうした問題点を改善した「改質アスファルトシート防水」工事が登場しています。

アスファルト防水の5つのメリット

  • 歴史のある防水工事なので信頼性が高い
  • 何重にもアスファルトルーフィングを重ねると高い防水効果を得られる
  • 対応年数が他の防水工事より長い
  • 防水工事後に押さえコンクリートを施工できる
  • 防水工事直後から防水性能を期待できる

アスファルト防水の課題

  • 防水工事にかかる費用が高い
  • 低温下では施工できないこともある
  • 下地の動きに弱く、挙動がある下地には不向き
  • バーナーや溶解釜を使用するため、火災ややけどの危険性がある
  • 施工時は臭いがきついので近隣住民に迷惑を掛ける

改質アスファルトシート防水の誕生

改質アスファルトシート防水は、合成ゴムやプラスチックを混ぜたルーフィング(アスファルトシート)を使った施工法です。水密性が従来のアスファルト防水より高いため、1~2層を貼るだけで高い防水効果を発揮することができます。また、この工法は従来のアスファルト防水での問題点を解消するために開発されました。そのため、バーナー・融解釜を使わずに施工ができ、火災などのリスクもなく、さらに低コスト・短工期での施工が可能です。作業員が一人で施工することも可能なので、作業員に支払う工賃も安くなります。施工時の臭いも少ないので、施工によって近隣住民に迷惑を掛けることもないでしょう。業者に相談すれば、新しい施工方法に関する疑問も解決できるでしょう。積極的に相談すると良いです。

TOPボタン