防水工事業者に訊くアスファルト防水【よくある質問のまとめ】

【選ばれるアスファルト防水】

アスファルト防水に関する Q&A

実際にアスファルト防水の施工を依頼する場合、施工の疑問点はできるだけ解消したいものです。下記に、施工業者へ特に多く寄せられる質問について記載しています。

どのような住宅にアスファルト防水工事は向いていますか?
一般的に鉄筋コンクリート性の頑丈な住宅に向いているといわれています。アスファルト防水工事は、他の工法よりも住宅の屋根に重量を与えてしまうため、木造住宅の場合地震によって屋根が崩れ落ちる危険性があります。そのため、耐震性の問題からアスファルト防水工事は1981年以降に建てられた住宅や、太陽光発電を屋上に設置する住宅に向いているといえます。
アスファルト防水工事と塗装工事を同時にできますか?
防水工事と塗装工事はそもそも別の工事ですので、塗装工事を依頼する場合は外壁や屋根の塗装を行なう業者へ依頼するとよいでしょう。単純に屋上や屋根を好きなカラーにしたいというのであれば、保護材のカラーを選ぶか、さまざまなカラーが選べる塩ビシート防水工事を選ぶことをオススメします。
防水工事の中でもアスファルト防水が難しいと言われている理由はなんですか?
溶解したアスファルトを使ってルーフィングを貼り付けるアスファルト防水は、防水層の厚みを均一に貼ることが難しいため、知識と経験を積んだ職人でなければ施工を行なうことはできません。そのため「アスファルト防水はリスクが大きい」という内容で触れ込む業者も多いのです。しかし、このアスファルト防水は古くから行なわれてきた施工なので、熟練の職人も多く存在します。ろくに実績のない業者は避けたい施工ですが、歴史があり信頼ができる業者であれば、問題なく屋根や屋上に施工を行なってくれるでしょう。
アスファルト防水で失敗しないポイントを教えてください
失敗を避けるためには、防水工事を専門的に行なっている業者に依頼することでしょう。高い技術が必要とされるアスファルト防水ですから、実績のない業者に依頼すると施工ミスなどのリスクが生じるようになります。施工実績のあるきちんとした防水工事業者を探すことが、失敗しないポイントといえます。
TOPボタン